ピアノアプリ(SwiftPiano)を作ろう!6. 後記


ピアノアプリ(SwiftPiano)を作ろう!5. 全鍵盤分、4. 音が出るコードを書く、の作業を繰り返す」の続きです。
これで、SwiftPianoを作ろうのシリーズはおしまい。

※2014年10月6日追記
動画撮影しました。ブログだと説明しきれない所などあったので、ぜひご確認ください。
swiftpiano_movie

※2014年10月7日追記
短いコードで書くバージョンも載せました!
http://bick.xyz/swiftpiano_shortversion/

6. 後記

つたない内容でしたが、お読みいただいてありがとうございます。

もしも、「エラーがでる、よく分からない」、という方がいたら、ブログにコメントなりTwitterなりでメッセージください。分かれば返事します。
また、「もっとこうしたほうがいいよ」といアドバイスをくださる方も、もしもいらっしゃいましたら、ぜひご連絡ください。

少しでも、私みたいなSwift初心者、プログラム初心者の方の力になれればと思います。

あと、アプリの作り方をブログで書くのは、思ったよりもとても大変でした。
文章考えたり、スクリーンショットとったり、加工したり。。。。

次からは、動画とってYoutubeにアップする、とかのほうがいいですね。
そっちのほうが簡単だし、みてる側にとっても分かり易いですよね。

そうそう、このピアノアプリはもともと、第16回iWest勉強会さんの『iPhoneアプリを作ろう!(Xcode入門)』をみてはじめたものでした。といっても、そちらでは、SwiftではなくObjective-Cを使っていたので、結局全然分かんなかったんですけど笑。(Objective-Cでピアノアプリつくりたい方はぜひ見てみてください!)

でも、きっかけをいただきました。ありがとうございました。
いつか参加してみたいなあ。

では、また。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です