SwiftでなんちゃってStopWatchを作ってみた(その1)


Swiftでなんちゃってストップウォッチ?タイマー?を作りました。何かのご参考になればと思い共有します。NSTimerの使い方、Booleanとif文の組み合わせ、ラベルのテキストに任意の文字を表示させる方法(label.text)などが勉強できると思います。

なお、今回は1秒毎に時間をカウントしていますが、次回は0.01秒毎に時間をカウントする方法を載せる予定です。
(→公開しました。SwiftでなんちゃってStopWatchを作ってみた(その2):ミリ秒を表示しよう

できるもの

Start押したら1秒毎に時間をカウント、Stop押したら停止、Reset押したらカウントがゼロに戻る。
スクリーンショット 2014-10-20 16.21.33

ソフトのバージョン

OS: OSX Yosemite 10.10
Xcode: 6.1 beta

つくりかた

動画でご確認ください。

コード

コードは以下の通りです。
ご意見ご質問など、なにかあれば、お気軽にコメントください!


import UIKit

class ViewController: UIViewController {

var countNum = 0
var timerRunning = false
var timer = NSTimer()

func update() {
countNum++
label.text = "\(countNum)"
}

@IBOutlet weak var label: UILabel!

@IBAction func start(sender: UIButton) {
if timerRunning == false {
timer = NSTimer.scheduledTimerWithTimeInterval(1, target: self, selector: Selector("update"), userInfo: nil, repeats: true)
timerRunning = true
}
}

@IBAction func stop(sender: UIButton) {
if timerRunning == true {
timer.invalidate()
timerRunning = false
}
}

@IBAction func reset(sender: UIButton) {
countNum = 0
label.text = "0"
}

override func viewDidLoad() {
super.viewDidLoad()
// Do any additional setup after loading the view, typically from a nib.
}

override func didReceiveMemoryWarning() {
super.didReceiveMemoryWarning()
// Dispose of any resources that can be recreated.
}
}


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です