初心者がswiftを使って初めてのiPhoneアプリを作るメモ:その1


タイトル通り、私こと、プログラミングとかよく分からない初心者がswiftを使って初めてのiPhoneアプリを作る過程のメモ。基本的に自分のためのメモですが、もしかしたら同じような境遇の方にもご参考にしていただけたら、という気持ちも込めて。

勉強会に参加しよう

プログラミングとかよくわかんないし、何かははじめたらよいのかな、、、。
と思っていたらちょうどいいタイミングで勉強会が!

Swiftで作るiPhoneアプリ入門講座!大人気講師再登壇!
(講師:七島偉之(ななしまひでゆき)氏)

こんな初心者でも参加していいのだろうか、と不安な気持ちがありつつ、とっかかりが欲しかったので、参加してみた。

結果、参加してみて良かった!
これは一人の人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては偉大な飛躍である!

得たもの

・教材
何をやったらいいか分からない初心者にとって、「これをやったらいいんだよ」と教えてくれる教材は、とても重要である!教材そって進めるだけで、アプリができた。
https://github.com/jollyjoester/SwiftTrial/wiki

・Xcodeの使い方
そもそもインストールをするだけして起動すらしてなかったXcodeの使い方がちょっと分かった。

・アプリを作ったという経験
初めてのアプリができた!というのは、本当に嬉しいもんですね。

失敗

じつのところは、勉強会中には、アプリを完成させることができなかった。
「教材にそってやればいいだけなのに、できない」とは何事かと思ったが、どうも原因不明のエラーがでてしまう。
結局は、Xcodeのバージョンが古かったことが原因だった。
気づいてしまえばしょーもないことだけど、初心者はどこでつまずくか分からないものだ。。。

次は、音がでるアプリつくりたいな。
つづく。