[openFrameworks]円を作ってタッチ操作でサイズを変える


前回は、無事openFrameworksのサンプルプロジェクトが起動できたことですし、今後はひとまず、openFrameworksのオフィシャルチュートリアルに沿って勉強していくことにします。

今回の教材

openFrameworksのオフィシャルチュートリアルより、「Introduction」と「Chapter 1 – Getting Started」をやりました。なお、私は英語版サイトに沿って進めています。日本語版は英語版よりも情報が古そうだったのです。

できたもの

・画面上に円を作る
・円の外側をドラッグすると円が大きくなる
・円の内側をドラッグすると円が小さくなる

Introduction

c++の超基本とか、プログラミングって何?frameworkって何?ということが触れられています。初心者の私には、大変ありがたい。上から下まで全部読んで、書いてある通りに実行して、OK。

Chapter 1 – Getting Started

XcodeでopenFrameworksを使って動かしつつ、基本を学ぶ感じ。オフィシャルチュートリアルではOSX用でしたが、私はiOS用のopenFrameworksを使いました。

円を作って動かそう

チュートリアルでは、円の作成とアニメーションについて触れられています。チュートリアルはOSX用のため、iOS用のopenFrameworksで動かすには、ちょっとだけ変えなければいけないところがありました。画面をタップした時のx座標y座標は、touch.xとtouch.yで取れるんですね。
スクリーンショット 2015-01-06 19.23.05

とくに詰まることもなく、すんなり進みました。
今日は以上!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です