まだ英語の勉強で消耗してるの?「正しい英語」より「伝える英語」が大事だよ編


info

英語を仕事で使うけど、英語が苦手な社会人の皆様へ。

日本人は英語使う時に「文法が〜」とか「丁寧に〜」とか「間違ったら恥ずかしい」とか、ごちゃごちゃ気にしすぎだよ、そんなことより、間違った文法でも、完璧な文章じゃなくてもいいから、「言いたいことを簡潔にはっきり言う」ことをトレーニングしたほうがいいよ、という話。

ことの始まり

昨日、なんとなくNHKの『しごとの基礎英語』を見てたんですね。

この番組は、

基礎英語レベルでありながらビジネスでも使える表現を学ぶ英語番組。リアルなビジネスパーソンのお悩みを解決するため、「あるある」感満載のミニドラマを作成。現実の現場さながらに、主人公アキこと篠山輝信が「台本無し」のリアルな英語力で挑戦。スタジオでは英語の感覚をわかりやすく解説する大西先生とビジネス経験豊富なルースが明日すぐ役立つ表現を教えます。

という内容でして、

私が見た放送は、『1月14日(木)放送「帰宅時にはパソコンの電源を切るよう促す。」』で、外国人の同僚に「会社は経費節減中だから、帰る時にはパソコンの電源落としてね。」と、英語で伝えてみよう、という内容。

番組の模範解答は

The company is trying to cut down on all costs in any way possible, so could you make sure to turn your computer off when you leave?

わが社はあらゆる方法で経費の削減に努めています。帰宅時には確実にパソコンの電源を落としていただけますか?

おー、さすがNHK。立派な解答です。これがスラッと口からでてきたら、かっこいい!

スラッと言えたら、ですけどね。

実際これを言えますか?

これは、正直、かなり難易度高いですよ、初心者には。普通の人は、「うーん、なんて言えばいいだろう、ああでもないこうでもない」と悩んで、結局、もごもごとなり、何も言えないんじゃないでしょうか?

そんなことより、とにかく必要なことを伝えないと!

これでもいいんだよ

Please shutdown your computer. Company, cost cut!
(パソコンをシャットダウンしてね。会社、経費削減)

とか、

computer, off, company, cost cut.
(パソコン、オフ、会社、コストカット)

とかでも、いいですよ。

これでも、あなたが言いたいことは、絶対に相手に伝わります。これくらいなら、英語が苦手な人でもスラッと言えるのでは?

今の英語力で勝負する

英語が得意でない方は、とにかく頭がこんがらがってしまって、ゴチャゴチャになってしまい、「結局何が伝えたいの?」という状況に陥ることが多いです。「これ英語でなんて言うんだろう?」と悩んだ場合は、とにかく複雑に考えずシンプルに、「言いたい内容」だけを、少ない単語で伝えるようにしましょう。

そりゃ、NHKの模範解答みたいに言えれば最高ですよね。でも、すごい大変だと思いますよ、ここまで英語力を上げるのは。仕事は待ってくれないですから、今の英語力を最大限活かして勝負する方法も考えたほうがよいですね!

こんなくだけた英語で失礼じゃないですか?

失礼じゃないですよ、大丈夫。相手は、あなたが英語ができない、ということがわかってますから、大目に見てくれます。

むしろ、伝えるべきことを、自信がないとか英語が苦手とか、そんな謎な理由で必要なことを伝えない、というほうがよっぽど失礼ですよ。特に、ビジネスシーンでそんなことやったら、ヤバイやばい。

おすすめの本2冊

とはいえ、英語はできるにこしたことはないですし、もっとうまくなりたいですよね。前回(まだ英語の勉強で消耗してるの?英語の勉強の心構えとおすすめ書籍2冊)も紹介した、おすすめの書籍2冊を改めてご紹介します。

・『外国語を身につけるための日本語レッスン』

この本は、日本語を使って英語のように考える方法、を教えてくれる本です。「自分が言いたいことは何か?」をシンプルに考えるのに、とても役にたちますよ!

日本語と英語は、文化的にも言語的にも、大きな違いがあります。それを理解しないまま闇雲に英語を勉強しても、なかなか上手くいかないことがおおいです。まずは、日本語で、英語と日本語の違いは何か、そして、英語っぽく考えるにはどのようにすればいいか、を理解しましょう。

・『どんどん話すための瞬間英作文トレーニング』

「英会話ができるようになりたい、けど、どんな本で勉強すればいいだろう?」とお悩みの方には、間違いなくこの本をおすすめします。会話力を鍛えつつ、基礎的な単語や文法を復習できます。超良書。本当にいい本。

中身はとても単純で、左ページに日本語の文章が、右ページにはそれに対応する英語の文章が載っていて、日本文をみたら、それをすぐに英語に翻訳できるようになるまで、繰り返し声に出して覚えるというもの。

「中学高校と英語を勉強したけど、話せないし、今ではあんまり英語も覚えてないよ」という社会人の方にとって、難易度・分量ともに、絶妙です。3ヶ月くらいかけてこの本を1冊終わらせることを目標にしてみては?

最後に

・宣伝になりますが、東京は水道橋駅付近にある語学学校で講座をやります。興味あればご参加ください。(初心者向け:2016年は絶対に英語を身につける!中学英語のやりなおし&基礎体力作り』(2016年1月25日19時30分~/月曜日/全9回)

以上