【Q&A】英語のa(an)とtheの違い


aanthe

英語のレッスンをしていると、「a(an)とtheの違いがわからない、使い分けがわからない」という質問を、生徒さんからよくいただきます。a(an)とtheは、同じ冠詞とはいえ、根本的に役割が違います。完璧に理解するのは非常に難しいですが、なんとなく理解するのは、そこまで難しくないです!

a/anとtheは、そもそも全くの別物。

a/anは、数えられる名詞(可算名詞)につく「1つの~」という意味の冠詞です。一方、theは、あるものが特定できる、もしくは、限定できるときにつける冠詞で、冠詞の中でも限定詞という種類になります。

a/anについて

ひとまず、theのことは忘れて、a/anについて考えてみましょう。a/anを知るには、可算名詞/不可算名詞を知る必要があります。

可算名詞、不可算名詞について

そもそも、英語には「数えられる名詞(可算名詞)」と「数えられない名詞(不可算名詞)」という考えがあります。日本語では、名詞の可算性(その名詞が数えられるかどうか)はあまり気にされません。しかし、英語では、日本語と比べて、名詞の可算性がとても気にされます。

日本語で考えれば数えられそうな名詞が、英語では数えられない名詞になっていたり、もしくはその逆もあり、このへんが、日本人がa/anが苦手な理由でしょう。

a/anがつく場合

a/anは数えられる名詞(可算名詞)につく冠詞で「1つの~」という意味です。たとえば、a book(1冊の本)、an apple(1個のリンゴ)などがあります。複数の場合は、two books(2冊の本)、two apples(2個のリンゴ)などのように、sが付きます。

このへんは、ご存知な方が多いかと思います。つづいて、a/anがつかない、数えられない名詞について考えてみましょう。

a/anがつかない場合

数えられない名詞(不可算名詞)には、a/anをつけることができません。例えば、water(水)のような液体は、英語では数えられない名詞とされているので、a waterとすることはありません。数えたければ、a glass of water(コップ一杯の水)などのように、他の単位をつけなければいけません。また、anger(怒り)のような感情も数えられない名詞なので、an angerとすることはありません。

a/anのポイント

a/anの基本は、その名詞が「数えられるか、数えられないか」です。例外もたくさんありますが、基本をしっかり押さえておけば、怖くないはずです!

もっと詳しくa/anについて知りたければ、下記のサイトが参考になります。

可算名詞と不可算名詞

簡単なコツがあった!可算名詞と不可算名詞を見分ける方法とは?

theについて

a/anのことは忘れば、今度はtheについて考えてみましょう。theは、冠詞のなかでも「限定詞」というものに分類されます。theがついている名詞は、それが具体的にどんなものかが話し手も聞き手も分かる(限定できる)、ということになります。

例えば、AさんがBさんに向って I went to the restaurant yesterday.と言ったとします。この場合は、AさんもBさんも、どのレストランに行ったかが具体的に分かっていることになります。もしかすると、Bさんが以前Aさんにお勧めのレストランを教えたことがあり、Aさんは今回そのレストランに行った、というような背景があるかもしれません。

theは可算不可算とは関係ない

theは可算名詞にも不可算名詞にもつけることができます。theをつけるのは「それが限定できるかどうか」が問題であって、「それが数えられるかどうか」は問題ではありません。

具体的に、どんな名詞やどんな状況の場合にはtheをつけるのかに関しては、以下のサイトをご覧ください。

どうしてつけるの?なぜつけないの?英語の冠詞theの悩みを解消!

a/anとtheの違いの例

a/anとtheで、文章の意味がどう変わってくるのか、先ほどのrestaurantの例を思い出しましょう。

I went to the restaurant yesterday.の場合は、AさんもBさんも、お互いが同じレストランを頭に思い浮かべています。つまり、どのレストランに行ったかが、特定・限定できている状態です。

もしも、 I went to a restaurant yesterday.だった場合は、数あるレストランの中で、どこか「1店」のレストランに行ったことは分かりますが、なんというレストランに行ったかは分からない、ということになります。

a/anをつける場合は、それが数えられるものかどうか、1つかどうかを考えましょう。theをつける場合は、それが限定特定できるものかどうかを考えます。

参考書籍

a/anやtheについて知るには、以下の書籍がおすすめです。著者は、非常に日本語に堪能な外国人で、日本人が苦手な英語の感覚を、日本人にわかりやすいように説明してくれています。内容もとても面白く、超おすすめ!


その他の参考

以下のサイトも参考になるかもしれません!
不可算名詞にも冠詞?
日本語にないもの。aとtheとsome。・・・抽選箱のイメージ

以上