プログラマーに英語が必要か不要かはともかく、英語できると楽しいねという話。


figure-367946_1280

try!Swiftカンファレンスに参加しました。Appleが開発したSwiftというプログラミング言語に関するカンファレンスで、2016年3月2〜4日の3日間、登壇者計33名、参加者各日約500名という大規模なカンファレンスでした。さらに、外国人の参加者がとても多く、登壇者33名のうち26名(?)、参加者500名のうち150名(?)ほどが外国人の方だったと記憶しています(間違えてたらごめんなさい)。

私は、本業は語学学校勤務でして、プログラムは趣味でやってます。また、こういったカンファレンスに参加するのは初めてでした。こんなデカイ規模なんだな、外国人めっちゃ多いな、など思いながら、とても刺激的で楽しい3日間がすごせました。

内容に関しては、「try!Swift全日程聞き起こしまとめ」をあげてくださる方がいますので、ぜひそちらをご覧ください(感謝!)。

英語できると楽しい

で、内容とは別に、私が思ったことは、「俺、英語ある程度できて良かった」ということ。iOSディベロッパーとしては全然甘ちゃんの私ですが、幸い英語はある程度できるので、いろんな国の人と交流することができました。

わざわざカンファレンスのために飛行機乗って異国の日本まで来るような、超意識高い外国人エンジニアの方と触れ合うのは、とても楽しいことでした。また、全然知らなかったのですが、iOS界隈ではスゲー有名な方も来られていたのですね。

そんな方々と、直接話をして、色々なアドバイスをもらって、本当に良い刺激になりました。

英語ができない人を見るもどかしさ

人様のことをとやかく言うわけではなく、ほんと余計なお世話になってしまうのですが。。。

せっかく私なんかよりもよっぽど優秀な日本人エンジニアの方がたくさんいらっしゃるのに、「英語ができない」という理由だけで、その方々が、今回のカンファレンスに参加していた優秀な外国人エンジニアの方々と話ができない様子を見るのは、とてももどかしかったです。

せっかくのチャンスなのに!

英語って必要、不要?

職業柄、英語教育に関する書籍を読んだりブログを見たりします。よくある記事は、英語必要or不必要論。英語は必要か不要か、ゴチャゴチャと書いてあります。

正直、必要とか不必要とかそんなんどうでもよくて、やりたければやるし、やりたくなければやらなければいいじゃない、と思います。英語なんてできなくたって、楽しく幸せに生きていけます。

私の経験からすると、英語ができてとても役にたっているし、非常に楽しい。プログラムに関してだけで言っても、たくさん良かったことがあります。

  • 今回のtry!Swiftでたくさんの外国人エンジニアの方と触れ合えました。
  • 2年前、プログラム経験ほぼゼロの状態から独学でSwiftを勉強してアプリがリリースできたのは、海外の英語のリソースに触れることができたからです(当時は、ずぶの初心者の私が理解できるようなSwift関連情報が日本語ではあまりありませんでした)。
  • YouTube、各種Blog、TED、Udacity、Coursera、Kahn Academy、iTunesUなどのオンライン学習サイトなどで勉強して、分からなければStackOverFlowで質問したり、直接問い合わせをしてみたり。
  • AppleのSwiftに関するドキュメントを読んだり、などなど。

これらのことができたのは、英語ができたから、に他なりません。

もしも英語ができるようになりたければ

今回のカンファレンスで、もしも英語ができるようになりたいなーと思った方がいれば、参考にしてください。思いついたことをざざっとあげてみます。

・英語はプログラミング言語と一緒
英語は言語の一種ですから、その点で言えば、SwiftやPHPやRubyなどといったプログラミング言語と一緒です。Swiftという言語ができる人は、英語という言語も、やればできるようになります。

・英語は量
英語は、時間さえかければ誰でもできます。英語圏に生まれ育てば、3歳児でも英語を喋ります。頭の良さは関係ないです。逆に、時間をかけなければ英語はできるようになりません。どんなに天才でも、量をこなさないとできない。毎日コツコツやればできるようになりますし、やらなければできない。

・英語は伝えるという気持ち
英語ができないと、間違ったら恥ずかしいとか怖いとか、こんなこと言って相手は変に思わないだろうか、とか、色々不安ですよね。それで、結局、何も言えなくなっちゃうんですよね。でも、そんなこと思っているのは自分だけで、相手は気にしてないものですよ。逆に、日本語に不自由な外国人が日本語であなたに話しかけてきたら、どう思いますか?「がんばって話してるな、なんとか理解してあげたいな」と思うでしょう。伝えたいことがあるなら、言わないと、伝わらないですよ!

その他、以下の投稿も参考ください。
まだ英語の勉強で消耗してるの?英語の勉強の心構えとおすすめ書籍2冊。
まだ英語の勉強で消耗してるの?「正しい英語」より「伝える英語」が大事だよ編

おすすめの本

おすすめの書籍2冊を紹介します。数ある英語関連の書籍の中で、英語初心者、且つ、英会話ができるようになりたい方には、私は、常に以下の2冊をおすすめしています。

・『外国語を身につけるための日本語レッスン』

この本は、日本語を使って英語のように考える方法、を教えてくれる本です。「自分が言いたいことは何か?」をシンプルに考えるのに、とても役にたちますよ!

日本語と英語は、文化的にも言語的にも、大きな違いがあります。それを理解しないまま闇雲に英語を勉強しても、なかなか上手くいかないことがおおいです。まずは、日本語で、英語と日本語の違いは何か、そして、英語っぽく考えるにはどのようにすればいいか、を理解しましょう。

・『どんどん話すための瞬間英作文トレーニング』

「英会話ができるようになりたい、けど、どんな本で勉強すればいいだろう?」とお悩みの方には、間違いなくこの本をおすすめします。会話力を鍛えつつ、基礎的な単語や文法を復習できます。超良書。本当にいい本。

中身はとても単純で、左ページに日本語の文章が、右ページにはそれに対応する英語の文章が載っていて、日本文をみたら、それをすぐに英語に翻訳できるようになるまで、繰り返し声に出して覚えるというもの。

「中学高校と英語を勉強したけど、話せないし、今ではあんまり英語も覚えてないよ」という社会人の方にとって、難易度・分量ともに、絶妙です。3ヶ月くらいかけてこの本を1冊終わらせることを目標にしてみては?

最後に

宣伝になり恐縮ですが、、、

・東京都水道橋駅付近にある語学学校で講座をやります。興味あればご参加ください。『日本人の大人のための英語やりなおし講座』(2016年4月4日19時30分~/月曜日/全12回)

プログラマー向け英語勉強会みたいなのもやってみたいなと考え中。
以上。