【Q&A】speakとtalkの使い方


質問

テキストの中で、speakとtalkが出てきますがどちらを使っても良いのでしょうか。

例えば、「彼はホワイトさんと英語で話すことができましたか?」は、
Was he able to talk to Mr.White in English?
Was he able to speak to Mr.White in English?

どちらでも良いですか?

答え

speak toとtalk toは、微量のニュアンスの違いはありますが、ほとんど同じように使って大丈夫です。

例文の場合では、
Was he able to talk to Mr.White in English?
Was he able to speak to Mr.White in English?
どちらでも大丈夫です。

前置詞を付ける

talkやspeakの場合は、「人に話しかける、人と話す」というときは、talk toやspeak toのように、動詞の後に前置詞が必要です。

辞書でspeakを引いてみると、

【自動詞】〔人と〕〔…について〕話す,話をする 〔to,with〕 〔about,on,of〕《★受身可》《★【用法】 〔人と〕の前置詞は to が一般的だが,with の場合には談合・意見の交換が暗示される》.
http://ejje.weblio.jp/content/speak

とでてきますね。これによれば、実は、speak to (人)でもいいし、speak with(人)でもよい、となります。talkも同様に、toでもwithでも使えます。

気を付けること

ややこしいのは、I speak Englishのような使い方。まず、I talk Englishとは言いません。更に、この時のspeakは【他動詞】で、目的語が必要な使い方です。

【他動詞】〈国語を〉話す,しゃべる.
用例 Mr. Jones speaks three languages. ジョーンズ氏は 3 か国語を話す.

同じspeakでも、「人に話しかける」という時は自動詞でtoやwithなどの前置詞が必要で、「言語を話す」という時は他動詞となるんですね。

なお、これまたややこしいですが、tellを使って「人に話しかける」と言う場合は、I tell youのように、他動詞で、目的語に人を使います。

出典

今回の質問は、『どんどん話すための瞬間英作文トレーニング』p.104から。
忙しい社会人の方が、基礎英語を復習するのにとてもおススメの本です。

以上