【ドラムセットの歴史】第1回:ダブルドラミング(1865年)


スティックメーカーでおなじみVic Firth社が公開している『History of the Drumset』という動画がとても面白い!1865年から1965年までの100年間に注目し、ドラムセットの進化を、科学技術の発展・社会情勢の変化・音楽の流行などの視点から考察しています。自分用も兼ねて、内容をメモしていきます。

動画

『History of the Drumset – Part 1, 1865 – Double Drumming』

社会情勢

1865年は、アメリカ南北戦争が終わった年。ドラムセットの歴史はここからスタートします。南北戦争の終決後、奴隷だったアフリカ人は、アフリカンアメリカンとして社会により深く参加することになり、彼らの音楽的エッセンスがアメリカに広まっていきます。

ミュージックスタイル

この時代は、まだ、マーチングバンドが主流でした。バスドラムのような低音を、ダウンビートの1拍目3拍目において、ドンチッドンチッと行進していくような音楽です。

ドラムセットの発展

この時期には、Double Drummingといわれるセッティングが登場しました。バスドラムとスネアドラムを、スティックで叩いて演奏するものです。

doubledrumming
http://vicfirth.com/drumset-history/

スタンドがないため、スネアドラムは椅子の上に置かれていたようです。また、当時は、フットペダルやハイハットスタンドはもちろん、タムやシンバル類もありません。

当時の演奏を再現した様子が、上記の動画にありますので確認してみてください。ルーディメンツを使って、上手に叩き分けていたようです。ルーディメンツはドラムの基礎、と言いますが、それが本当によく分かります。

以上!