ピアノアプリ(SwiftPiano)を作ろう!2. 下準備(画面サイズ設定、画像・音データのインポート)


初心者がswiftを使って初めてのiPhoneアプリを作るメモその5:ピアノアプリ(SwiftPiano)を作ろう!その1」の続き。

※2014年10月6日追記
動画撮影しました。ブログだと説明しきれない所などあったので、ぜひご確認ください。
swiftpiano_movie

※2014年10月7日追記
短いコードで書くバージョンも載せました!
http://bick.xyz/swiftpiano_shortversion/

2. 下準備(画面サイズ設定、画像・音データのインポート)

画面サイズの設定

私はiPhone5使っているので、今回はそのサイズで作ってみます。

スクリーンショット 2014-10-03 11.26.57
Portrait(立て画面)のチェックを外し、Landscape Left・Landscape Right(横画面)のチェックをオン。

スクリーンショット 2014-10-03 11.28.00
画面左のMain.storyboardを選択、
その隣、View Controllerを選択、
画面右、SizeをiPhone 4-inch、OrientationをLandscapeへ。

スクリーンショット 2014-10-03 11.28.34
画面真ん中下の方「wAny,hAny」みたいな所をクリック、
すると写真のような状態になるので、丸印で囲ったように選択。

スクリーンショット 2014-10-03 11.44.51
画面の左上の方、丸く囲ったところをクリック。iPhone5を選択。

これで画面の設定は終了。
左上の再生ボタンを押してみると、アプリが起動します。
なにも記入してないので、タイトル画面がでるだけですが。。。
↓こんな感じ。
スクリーンショット 2014-10-03 11.29.30

画像・音データのインポート

続いて、画像と音データをインポートしましょう。
私の作成したデータをダウンロードして解凍してください。

SwiftPiano

スクリーンショット 2014-10-03 11.30.47
まずは「image」フォルダを、Xcodeの矢印かいた所あたりにドラッグ&ドロップ。
(Supporting Filesの上に)

スクリーンショット 2014-10-03 11.31.04
こんな画面がでてきます。「Copy item if needed」にチェックをして、「Finish」をクリック。

同様に「sound」フォルダもインポートしてください。

スクリーンショット 2014-10-03 11.31.41
メニューバーがこんな感じになってればOK!

次は、「3. ピアノの画面を作る」、です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です