カテゴリー別アーカイブ: OculusRift

UnrealEngine(UE4)でパノラマ動画再生させてOculusRiftで見るまで

UE4でのパノラマ動画再生をテストしまして、せっかくなのでやり方を共有します!

できるもの

こんな感じで、UE4でパノラマ動画再生できます。ここからワンタッチでOculusで再生もできます。
image06

下準備

・UE4をダウンロード&インストール(現時点で最新版4.7.3)
参考 [UE4]フリー版UnrealEngine4の導入手順

・Oculus Runtime for Windowsをダウンロード&インストール(現時点で最新版0.4.4)
参考 https://developer.oculus.com/downloads/

・再生したいパノラマ動画
今回は、testvideo.mp4という名前のパノラマ動画を使用。各自ご用意ください。

・動画テクスチャを貼り付ける球体
test.fbxをダウンロードしてご利用ください。「Oculus Riftでオレの嫁と会える本」を参考に自作しましたので、自分で作りたいかたは本を参考にしてください。

やり方

・EpicGamesLauncher起動
image01

・EpicGamesLauncherからUE4起動
image16

・新規プロジェクト作成。今回は、「ブループリント→ブランク」「デスクトップ/コンソール」「ハイエンド」「スターターコンテンツ無し」を選択。
image20

・いらないもの消す。ワールドアウトライナータブで、PlayerStart以外を消す。こんな感じになるはず。
image19

・PlayerStartの座標を、x=0, y=0, z=0へ。これがカメラ位置になる。
image03

・動画テクスチャを張り付ける球体をインポートする。test.fbxをコンテンツブラウザへドロップして、「すべてインポート」を選択。メッセージログがでてくるけど、とりあえず気にしない。
image05

・test.fbxをドラッグして貼り付け。位置はx=0, y=0, z=0、スケーリングはx=100, y=100, z=100で。
image04

・球体に張り付けるパノラマ動画をインポートする。testvideo.mp4をコンテンツブラウザへドロップ。
image00

・testvideoをダブルクリックすると新しくタブが出てくる。再生ボタンおして、ちゃんと再生されるか確認。
image02

・コンテンツブラウザに戻って、testvideoを右クリックして、CreateMediaTextureを選択。
image12

・作成されたMediaTextureを右クリックして、CreateMaterialを選択。
image11

・作成されたMaterialをドラッグして球体のところにドロップ。これで球体に動画が張り付いたはず。
image17

・確認。testvideoを右クリックしてPlayMovieをおすと、球体に動画が映し出されているはず。
image15
image18

・Oculusで確認してみよう!Oculus繋げてUE4のプレイからVRプレビューを選択すると、すぐOculusで確認できる。これは超便利!戻るときはEscキーで。
image08

その他

エラーがでるとか動画再生できないとかがあったら。。。

公式のMedia Frameworkを参考にするといいかも、、、?ここにあるとおり、まだ動作不安定みたいです。

Oculusでみたときに動画がカクつく

いろいろ試行錯誤中で、まだ答えは見つからずですが、参考までに以下に共有します。

・動画自体を75fpsにする。
OculusRift DK2のための動画の75fps変換方法

・各種設定をいじってみる。
自分用も兼ねて、UE4+Oculusについて色々纏めてみる 準備編
自分用も兼ねて、UE4+Oculusについて色々纏めてみる 高速化編

・このへんも参考になりそう。
Unreal Engine+Oculus Riftメモ

以上